コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際信託統治制度 こくさいしんたくとうちせいどInternational Trusteeship System

2件 の用語解説(国際信託統治制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際信託統治制度
こくさいしんたくとうちせいど
International Trusteeship System

憲章第 12章で規定され,国連の信託を受けた統治国が,非自治地域において国連監督下で独立に向けた施政を行う制度。イギリス植民地主義の理念を継承したものだったが,すでにそのほとんどが独立し,最後に残ったアメリカ太平洋諸島信託統治地域も,信託統治理事会が 86年に終了を宣言した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

国際信託統治制度

国連の非植民地化活動の主要なものとして憲章第12章に定められた制度で、指定された旧植民地(信託統治地域)ごとに施政権者(国家または国連)が置かれ、独立に向けた施政を行う。この制度の運営に責任を持つのが信託統治理事会(安保理常任理事国で構成)。(1)国際連盟時代委任統治領だった地域、(2)第2次世界大戦の敗戦国から分離された地域、(3)施政国が自発的にこの制度の下に置いた地域の3種類とされ、当初は11地域あったがすべて独立した。

(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone