コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信託統治理事会 しんたくとうちりじかい Trusteeship Council

6件 の用語解説(信託統治理事会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信託統治理事会
しんたくとうちりじかい
Trusteeship Council

信託統治地域の施政を監督する国連機関。同理事会は,(1) 信託統治地域の施政を行う加盟国,(2) 信託統治地域の施政を行なっていない安全保障理事会常任理事国,(3) ならびに,その他の施政を行なっていない加盟国で,3年の任期で総会によって選挙される理事国をもって構成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんたくとうち‐りじかい〔‐リジクワイ〕【信託統治理事会】

国際連合の主要機関の一。国連総会のもとに置かれ、信託統治の監督に当たる。1994年、最後の信託統治地域パラオが独立したため、任務はほぼ終了。以降は必要のある時にのみ会議を開くことになっている。国連信託統治理事会。TC(Trusteeship Council)。UNTC(United Nations Trusteeship Council)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

信託統治理事会【しんたくとうちりじかい】

国際連合3理事会の一つ。信託統治地域の行政を指導・監督する機関。ただし戦略的信託統治地域に関しては安全保障理事会が責任をもっている。施政権国の報告や住民の請願を受理・審査し,定期的に現地視察を行う。
→関連項目経済社会理事会国連事務局国連総会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんたくとうちりじかい【信託統治理事会 Trusteeship Council】

国際連合の主要機関の一つで,信託統治地域の監督に当たる機関。信託統治制度は,旧国際連盟の委任統治制度を基本的に継承し,これを修正したもの。理事会の構成は,(1)信託統治地域の施政国,(2)安全保障理事会の常任理事国で非施政国,(3)3年の任期で総会から選出される他の加盟国(その数は(1)の該当国数から(2)の該当国数を引いたもの)となっている(国連憲章86条)。しかし当初11あった信託統治地域も反植民地化運動を背景に相次いで独立し,施政国の数も激減したため,1975年以後,理事国は安保理事会の5常任理事国のみで構成されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんたくとうちりじかい【信託統治理事会】

〔「国際連合信託統治理事会」の略〕
信託統治の監督にあたる国際連合の機関。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信託統治理事会
しんたくとうちりじかい
Trusteeship Council

国際連合の主要機関の一つで、信託統治の監督にあたる総会または安全保障理事会を援助し、信託統治関係の任務を専門的に遂行するために設置された。信託統治理事会は、総会(戦略地区に関しては安保理事会)の権威の下に、施政権者の提出する年報の審査、住民からの請願の受理および検討、各信託統治地域の定期的視察、などの任務を行って、施政権者の統治を実際に監督する。本理事会は次の3種の加盟国から構成されることになっている。(1)信託統治地域の施政権者、(2)安保理事会の常任理事国のうち施政権者でないもの、(3)その他の国で総会から3年の任期で選出されるもの(その数は(2)とあわせて(1)に等しくなるだけ)。ところが、信託統治地域が次々に独立し、施政権者の数が減少したので、この規定は適用しえなくなり、1975年以後は、安保理事会の常任理事国である五大国だけで構成されていた。1994年10月、それまでアメリカの施政下にあった最後の信託統治地域のパラオが自治を達成し、管轄下の11の地域すべてが独立したため、当理事会の任務はほぼ終了し、今後は必要が生じた場合のみ会議を開くことになった。[太寿堂鼎]
『小林泉著『アメリカ極秘文書と信託統治の終焉――ソロモン報告・ミクロネシアの独立』(1994・東信堂) ▽矢崎幸生著『ミクロネシア信託統治の研究』(1999・御茶の水書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信託統治理事会の関連キーワード国連信託統治理事会信託統治非自治地域国際信託統治制度世界銀行グループ国際連合信託統治理事会ESCAP受任国UNITAR国際連合タンパク質検討グループ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信託統治理事会の関連情報