コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際比価 こくさいひか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際比価
こくさいひか

ある時点においていくつかの国の物価を比較したときの価格を指す。一般に各国の物価指数は,一時点を基準にした時系列指数になっているため,物価の時間的な変化は把握できるものの,国際間での物価水準の比較はできない。 1985年からの円高以降,日本の物価が他国と比較して高いという,いわゆる内外価格差論議が高まり始め,政府や民間団体による日本と諸外国との商品・サービス物価の比較調査が独自に行なわれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android