国際決済手段(読み)こくさいけっさいしゅだん(英語表記)measures of international settlement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際決済手段
こくさいけっさいしゅだん
measures of international settlement

対外支払いを行なうときの手段をいう。具体的には,ハード・カレンシー外貨 (外国為替を含む) や金,SDR (IMFの特別引き出し権) を指す。交換可能な通貨の中でも基軸通貨であるドルが最も広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android