以上(読み)イジョウ

デジタル大辞泉「以上」の解説

い‐じょう〔‐ジヤウ〕【以上/×已上】

[名]
数量・程度・優劣などの比較で、それより上の範囲であること。数量では、その基準をも含む。「七〇歳―の老人」「期待―の大活躍」「君―の実力がある」⇔以下
それより前に述べたこと。「―のとおり相違ありません」⇔以下
合わせて。合計。「男性八名、女性五名、―一三名」
手紙・目録・箇条書きなどの末尾に記して「終わり」の意を表す。
(活用語の連体形に付いて接続助詞のように用いる)…の上は。…からには。「決定した―、変更しない」
御目見(おめみえ)以上」の略。
[副]どうしても。まるっきり。
「神さまなんかに聞いて見たって、―分(わかり)ッ子ない」〈漱石・坑夫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「以上」の解説

い‐じょう ‥ジャウ【以上・位上】

〘名〙
① 高い地位や技術に到達すること。
至花道(1420)闌位の事「是(ぜ)を集め、非を除けて、い上して、時々上手の見する、手位の心力也」
② 実力以上のものとして扱うこと。また、そうふるまうこと。おごりたかぶること。
※玉塵抄(1563)二「をきれいに吾と身を位上して、けだかう思て奉公もせいで山居したぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android