コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際海運会議所 こくさいかいうんかいぎしょInternational Chamber of Shipping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際海運会議所
こくさいかいうんかいぎしょ
International Chamber of Shipping

船主の利益増進のため,国際的な問題について意見を交換し,政策立案,また他の国際団体の審議へ参加する,などを事業目的としている団体。 1921年に設立され,48年までは国際海運同盟と称した。各国の民間船主を代表する正規の組織された団体だけを会員としている。これまで海運に対する二重課税の相互免除,国旗差別待遇,国際船腹安定計画が取上げられた。所在地ロンドン日本船主協会は 57年に加盟

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android