コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本船主協会 にほんせんしゅきょうかい

2件 の用語解説(日本船主協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本船主協会
にほんせんしゅきょうかい

日本船を所有する者,賃借する者,運航業者によって 1947年に設立された社団法人総トン数が 100t以上の汽船を対象としている。海事に関する調査研究,海運事業の公正で自由な発達のために役立つことを目的とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本船主協会
にほんせんしゅきょうかい
Japanese Shipowners' Association

日本の総トン数100トン以上の船主など約100社が会員となっている社団法人。略称JSA日本海運業同盟会(1892)に起源をもち、日本船主同盟会(1901)、日本船主協会(1920)、日本海運協会(1940)を経て、1947年(昭和22)に現在の組織となった。その目的は、公共の福祉のために海運業に関する諸般の調査・研究を行い、その公正かつ自由な事業活動を促進し、日本海運の健全な発展に寄与することである。事業内容には、海運業に関する広報、会員相互の親睦(しんぼく)と意見の交換、海運業に関する統計の作成と資料・情報の収集、海運業に関する調査・研究、海運業に関し政府・議会への意見の開陳、船員の労務問題をめぐる海員組合との団体交渉などがある。協会内の組織としては、総務、企画調整、関連業務、海務の各部、総務、法務保険、港湾物流、海務、政策、労務、工務の各委員会と、タンカー、オーナー、近海内航、客船の部会などがある。2005年(平成17)ごろから、海賊・テロ対策が重要な課題になっている。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本船主協会の関連キーワード船主婚する去る者は追わず勢徳有する船主責任保険船持運航業者オペレーター(運航業者)50町歩以上ノ耕地ヲ所有スル大地主

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本船主協会の関連情報