コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際課税 コクサイカゼイ

1件 の用語解説(国際課税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐かぜい〔‐クワゼイ〕【国際課税】

事業取引や配当受け払いなどが、複数国間で行われる場合の課税。国内法人が世界で稼いだ利益のすべてに課税すると、利益が生み出された国とで二重課税になる場合があるため、外国と個別に租税条約を締結したり、国内で外国税額控除制度を設けるなどして対応する。移転価格の問題等、課税基準の明確性や手続きの複雑さなどに課題がある。→移転価格税制

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際課税の関連キーワード配当利回り強制通用力経常取引未配無配当受払い掛売買掛払いクリアリングシステムラパラッド

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際課税の関連情報