コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐饅 とさぬた

1件 の用語解説(土佐饅の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

とさぬた【土佐饅】


高知の郷土料理で、にんにくの葉をすりつぶして酢みそと混ぜたもの。ぶりなどの刺身につけたり、刺身こんにゃくや厚揚げなどにかけたりして食べる。「どろめ」と呼ばれる生のいわしの稚魚に土佐ぬたをかけたものは名物料理となっている。◇「にんにくぬた」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土佐饅の関連キーワードきりたんぽ皿鉢料理筑前煮豚骨じゃこ天ガーリックトーストがん漬羊肉の日鰹の叩き卓袱饂飩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone