コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐饅 とさぬた

1件 の用語解説(土佐饅の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

とさぬた【土佐饅】


高知の郷土料理で、にんにくの葉をすりつぶして酢みそと混ぜたもの。ぶりなどの刺身につけたり、刺身こんにゃくや厚揚げなどにかけたりして食べる。「どろめ」と呼ばれる生のいわしの稚魚に土佐ぬたをかけたものは名物料理となっている。◇「にんにくぬた」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土佐饅の関連キーワードきりたんぽ皿鉢料理筑前煮豚骨じゃこ天ガーリックトーストがん漬羊肉の日鰹の叩き卓袱饂飩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone