コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地含み益 とちふくみえきhidden land profit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地含み益
とちふくみえき
hidden land profit

土地の市場価格 (時価) と購入価格の差である未実現のキャピタルゲインをいう。 1980年代後半の地価高騰によって,法人も個人も,既に土地を所有していた者の土地の含み益は膨大なものとなった。これは,資産効果によって家計の消費支出を促したり,企業の多角的な事業展開やリストラクチャリングを容易にした。一方,土地含み益の増大は土地を「持てる者」と「持たざる者」の間の資産格差を拡大させ,社会的不平等感を高めている。土地資産保有の不平等は,勤労意欲の減退,地域間格差の拡大,投機的需要の発生などをもたらすため,適正な分配政策が求められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

土地含み益の関連キーワードソルベンシー・マージン土地本位制

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android