含み益(読み)ふくみえき(英語表記)profit

翻訳|profit

知恵蔵の解説

含み益

企業が所有する資産の簿価(貸借対照表計上金額)とその時価(市場価格)の差額含み資産(latent assets)という。株式の場合、時価(株式相場)が簿価より高い場合はその差額を含み益、逆の場合には含み損という。この含み益を利用して、業績が芳しくないときは例えばクロス取引、すなわち持ち合い株を一度売って利益を計上すれば当期の利益を実際の業績よりも良く見せられ、すぐに買い戻せば持ち合い先に迷惑はかからない。また含み益のある株式や土地を担保に借り入れもできる。これらを含み経営と呼ぶ。また、含み損も従来の制度では開示の義務はなかった。しかし1999年1月の「金融商品に係る会計基準」で有価証券等の時価上昇分(含み益)を当期の損益計算に計上するなど、含み資産の積極的開示が求められるようになり、また従来のようなクロス取引は売買とは認められないため売却益を計上できなくなった。含み損も有価証券の減損処理強化で先延ばしできなくなった。

(小山明宏 学習院大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android