コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含み益 ふくみえきprofit

翻訳|profit

知恵蔵の解説

含み益

企業が所有する資産の簿価(貸借対照表計上金額)とその時価(市場価格)の差額含み資産(latent assets)という。株式の場合、時価(株式相場)が簿価より高い場合はその差額を含み益、逆の場合には含み損という。この含み益を利用して、業績が芳しくないときは例えばクロス取引、すなわち持ち合い株を一度売って利益を計上すれば当期の利益を実際の業績よりも良く見せられ、すぐに買い戻せば持ち合い先に迷惑はかからない。また含み益のある株式や土地を担保に借り入れもできる。これらを含み経営と呼ぶ。また、含み損も従来の制度では開示の義務はなかった。しかし1999年1月の「金融商品に係る会計基準」で有価証券等の時価上昇分(含み益)を当期の損益計算に計上するなど、含み資産の積極的開示が求められるようになり、また従来のようなクロス取引は売買とは認められないため売却益を計上できなくなった。含み損も有価証券の減損処理強化で先延ばしできなくなった。

(小山明宏 学習院大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくみえき【含み益】

所有している土地や株式、あるいは在庫品などの値上がりにより生じる、帳簿に計上されていない利益。 ↔ 含み損

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

含み益の関連キーワード日興コーディアルグループの不正決算ソルベンシー・マージン比率含み資産/含み損・含み益ソルベンシー・マージンBIS 基準自己資本キャピタルゲイン課税国外転出時課税制度支払い余力比率時価純資産方式含み益(損)長期継続配当利食い千人力バーゼル合意株式持ち合い早期是正措置Q レシオクロス商いバブル経済劣後ローン土地本位制

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

含み益の関連情報