土屋 松涛(読み)ツチヤ ショウトウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
活動弁士

本名
土屋 道之助

生年月日
明治3年

経歴
流しの声色屋であったが、その声帯摸写の技術を活かして活動弁士に転じて浅草オペラ館の専属となり、新派悲劇「不如帰」で名声を確立。声色活動写真の旗手として一声を風靡し、染井三郎と人気を二分した。彼の声色に合わせて映画が作り直されたこともあるという。

没年月日
昭和2年 1月14日 (1927年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android