コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新派悲劇 シンパヒゲキ

大辞林 第三版の解説

しんぱひげき【新派悲劇】

新派劇で演ずる悲劇。「不如帰ほととぎす」「婦系図おんなけいず」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の新派悲劇の言及

【悲劇】より

…これらの悲劇はあくまでも人間界の事件をめぐって成立するのである。 このことは,明治以後の日本の悲劇の代表である〈新派悲劇〉についてはいっそう明白である。19世紀のヨーロッパの感傷的なメロドラマの場合と同じく,悲劇の契機となる対立や葛藤は,おおむね狭い視野におさめられており,私的原理と矛盾する公的原理は,国家や民族への忠節といった大規模なものではなくて,家庭や恩人への忠節といった小規模なものであるのが普通である。…

※「新派悲劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新派悲劇の関連キーワード森 三之助菊池 幽芳土屋 松涛田中栄三五月 操金色夜叉不如帰婦系図新派