コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方氏 ひじかたうじ

1件 の用語解説(土方氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひじかたうじ【土方氏】

近世大名。清和源氏,宇野氏族という。祖は太郎季治でその後裔彦三郎信治は織田信長に仕えた。子雄久(かつひさ)は織田信雄(のぶかつ)に仕え,伊賀一揆鎮圧の功で信雄から諱字(きじ)をもらったという。1583年(天正11)従五位下。信雄没落後は豊臣秀吉に仕えたが,99年(慶長4)徳川家康暗殺の容疑で常陸太田へ追放。関ヶ原の戦のとき,家康に赦免され軍功をあげた。雄久の子雄重は能登石崎を領し,3代続いたが罪あって断絶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の土方氏の言及

【能登国】より

…06年,替地によって土方雄久(ひじかたかつひさ)領1万石が能登に散在して置かれた。この土方氏領は850石だけを残して1681年(天和1),84年(貞享1),1703年(元禄16)に順次幕府領になり,鳥居忠英領(1689‐95),水野勝長領(1698‐1700)の時期を経て1722年(享保7)に加賀藩へ預地になり,1810年(文化7)以後は加賀藩の法制がしかれた。この間,その領域は時期により少し変更されたが,1867年(慶応3)預地を加賀藩領とし,代りに毎年1万5000両を幕府へ上納することになり,翌年には改めて幕府領,土方領ともに加賀藩領とした。…

※「土方氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土方氏の関連キーワード源氏清和源氏源氏の氏神源氏八領の鎧後裔斯波武田細川源親治源頼治

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土方氏の関連情報