コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土砂災害警戒区域

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

土砂災害警戒区域

土砂災害防止法に基づき、住民への周知や警戒避難体制の整備が必要な警戒区域(イエローゾーン)と、さらに建築物の構造規制などをする特別警戒区域(レッドゾーン)を指定。レッドゾーンでは必要に応じて移転を勧告できる。県内にはレッドゾーンが約1万8600カ所(4月末現在)あり、熊本地震後に県が見直しを進めている。

(2017-06-30 朝日新聞 朝刊 熊本全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

土砂災害警戒区域の関連キーワード土砂災害の危険箇所と警戒区域広島市内の土砂災害警戒区域平成26年8月豪雨改正土砂災害防止法ハザードマップ土砂災害防止法斜面崩壊地すべり土砂災害土石流山津波山崩れ鉄砲水

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土砂災害警戒区域の関連情報