コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥延平 どひ のぶひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥延平 どひ-のぶひら

1744-1800 江戸時代中期-後期の武士。
延享元年生まれ。土肥経平(つねひら)の子。備前岡山藩士。明和2年番頭(ばんがしら)となり,藩主池田治政(はるまさ)につかえる。和歌をよくし,武技にもすぐれ,横笛,蹴鞠(けまり),挿花,茶,香道などに精通した。寛政12年8月29日死去。57歳。初名は次秀。通称は六十郎,藤六郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土肥延平の関連キーワード延享カルナータカ戦争インド哲学鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村