コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挿花 そうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挿花
そうか

草花を器にすすべての行為と,挿されたものの総称。神仏への献供花,装飾花,花を称美するための挿花や生け花も含め,さらにフラワー・デザインも加えて広範囲に用いられる。生け花は挿花の一部。なお生花 (せいか) 様式の時代に,「挿花」と書き「いけばな」と読ませた例もあるが現在は区別されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さし‐ばな【挿(し)花】

花をさすこと。生け花。

そう‐か〔サフクワ〕【挿花】

花を髪などに挿すこと。
花を生けること。生け花。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうか【挿花】

髪などに花をさすこと。
生け花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

挿花の関連キーワード妙法院宮尭恕入道親王里松庵一寿(初代)貞松斎一馬(初代)中山文甫(初代)俵屋宗理(3代)貞松斎米一馬是心軒一奟竹蔵屋紹滴貞月斎一叟巌松斎一鵰志自岐小楯玉樹斎千広窓月斎一由宮本 里桜貞松斎一馬未生斎一甫貞月斎一堤間野凸渓鷲尾隆良島村安孝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android