コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土門拳賞 どもんけんしょう

1件 の用語解説(土門拳賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

土門拳賞

日本の主要な写真賞の一つ。土門拳の業績を記念して、毎日新聞社の創刊110周年記念事業として、1981年に制定された。授賞対象は、プロ・アマチュアは問わず前年1月から12月までの間に作品(写真集、写真展など)を発表し、優れた成果を上げた中堅の写真家とする。発表は3月下旬の毎日新聞紙上で行い、「サンデー毎日」(4月上旬発売号)で作品を紹介する。木村伊兵衛写真賞が「写真界の芥川賞」といわれるのに対して、土門拳賞は「写真界の直木賞」と形容されることもある。2008年の審査員は江成常夫内藤正敏野町和嘉赤瀬川原平、毎日新聞社出版局長の五人。
 これまでの受賞者と対象となった作品・活動は以下の通り。
第1回(1982年) 三留理男ケニア飢餓前線」「アコロ」「国境を越えた子供たち」
第2回(1983年) 内藤正敏 「出羽三山と修験」
第3回(1984年) 野町和嘉 「バハル」「サハラ悠遠」
第4回(1985年) 江成常夫 「シャオハイの満州」「百肖像」
第5回(1986年) 新正 卓 「遥かなる祖国」及び写真展
第6回(1987年) 管 洋志 「バリ・超夢幻界」
第7回(1988年) 西川 孟 「ひと・もの・こころ
第8回(1989年) 津田一郎 「無名地帯・奥の細道
第9回(1990年) 宮崎 学 「フクロウ
第10回(1991年) 十文字美信 「黄金風天人」
第11回(1992年) 今枝弘一 「ロシアン・ルーレット」
第12回(1993年) 長倉洋海 「マスード 愛しの大地アフガン
第13回(1994年) 南 良和 「秩父三十年」
第14回(1995年) 鈴木 清 「修羅の圏(たに)」
第15回(1996年) 砂守勝巳 「漂う島とまる水」
第16回(1997年) 須田一政 「人間の記憶」
第17回(1998年) 本橋成一 「ナージャの村」写真展、映画
第18回(1999年) 水越 武 「森林列島」
第19回(2000年) 金村 修 「BLACK PARACHUTE EARS, 1991-1999」と一連の写真活動
第20回(2001年) 大石芳野ベトナム凜と」
第21回(2002年) 百瀬俊哉 「東京=上海」
第22回(2003年) 広河隆一 「写真記録 パレスチナ
第23回(2004年) 鬼海弘雄 「PERSONA」
第24回(2005年) 坂田栄一郎「PIERCING THE SKY―天を射る」
第25回(2006年) 内山英明 「JAPAN UNDERGROUND3」「東京デーモン
第26回(2007年) 中村征夫「海中2万7000時間の旅」
第27回(2008年) 土田ヒロミ「土田ヒロミのニッポン」

(神田憲行 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土門拳賞の関連キーワード土門拳新しい写真賞ソルダム土門シチジル酸内藤正敏須田一政中村征夫三木淳宮崎学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土門拳賞の関連情報