コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土門拳 どもんけん

8件 の用語解説(土門拳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土門拳
どもんけん

[生]1909.10.25. 酒田
[没]1990.9.15. 東京
写真家。 1935年名取洋之助の主宰する日本工房に入って報道写真家の道を歩む。第2次世界大戦後,精密で豪快なリアリズム的作風によって写真家としての地位を築いた。また写真雑誌を通じて写真リアリズム運動を提唱しアマチュア写真家を指導。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

土門拳

1909年に山形県酒田市で生まれ、90年に亡くなった写真家。川端康成イサム・ノグチらを撮影した「風貌(ふうぼう)」(53年)▽炭鉱をテーマにした「筑豊のこどもたち」(60年)▽「古寺巡礼」第1~5集(63~75年)▽「生きているヒロシマ」(78年)――などを手がけた。リアリズムを追求し、妥協せずに被写体に迫る姿勢から「写真の鬼」とも呼ばれた。

(2015-09-02 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どもん‐けん【土門拳】

[1909~1990]写真家。山形の生まれ。徹底したリアリズムの立場から「ヒロシマ」など社会的な題材に取り組む一方、「古寺巡礼」など伝統文化を独自の視点でとらえた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土門拳【どもんけん】

写真家。山形県生れ。日本大学専門部法科を中退し,上野,宮内写真場に入門して写真の道に入る。1935年,名取洋之助の主宰した〈日本工房〉に採用され,《NIPPON》をはじめとする対外宣伝雑誌に報道写真家として写真を発表。
→関連項目植田正治中川幸夫林忠彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土門拳 どもん-けん

1909-1990 昭和時代の写真家。
明治42年10月25日生まれ。名取洋之助の日本工房で報道写真をまなぶ。昭和14年退社し,古寺巡礼の取材をはじめる。戦後は「絶対非演出の絶対スナップ」の写真リアリズムをとなえ,木村伊兵衛とともに写真界をリードした。平成2年9月15日死去。80歳。山形県出身。日大中退。写真集に「ヒロシマ」「筑豊(ちくほう)のこどもたち」「古寺巡礼」など。
【格言など】丸めて手に持てる,そんな親しみを見る人々に伝えたかった(「筑豊のこどもたち」をざら紙に印刷した理由)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

どもんけん【土門拳】

1909‐90(明治42‐平成2)
戦前,戦後を通じて,最も精力的な活動を展開した日本の代表的な写真家。山形県酒田市に生まれたが,1916年に東京に移転,当初画家志望であったが才能に限界を感じ,33年に営業写真館〈宮内写真館〉の内弟子となって写真の技術を学んだ。35年,名取洋之助の主宰する〈日本工房〉の写真技師として採用され,報道写真の技術と精神を身につけた。39年に同工房を退社し,〈国際文化振興会〉の嘱託として,大型カメラによる室生寺,文楽等の撮影を開始した(のち写真集として出版)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どもんけん【土門拳】

1909~1990) 写真家。山形県生まれ。名取洋之助の日本工房で報道写真の基礎を学ぶ。戦後リアリズム写真を提唱、力強いドキュメンタリー・肖像写真を残した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土門拳
どもんけん
(1909―1990)

写真家。山形県生まれ。1930年代から報道写真家として活躍、第二次世界大戦後の1950年代にリアリズム写真運動を推進した、20世紀の日本でもっとも高名な写真家の一人。1928年(昭和3)、横浜第二中学校を卒業。逓信(ていしん)省の倉庫係、弁護士の書生など職を転々とした後、1933年に東京・上野池之端(いけのはた)の営業写真館に弟子入りし、写真修業を始める。1935年写真家名取洋之助を中心に、海外向けのグラフ雑誌『NIPPON』の制作などを手がけていた日本工房に入社し、報道写真の仕事につく。1938年田村茂(1909―1987)、藤本四八(しはち)(1911―2006)、濱谷浩らと青年報道写真研究会を結成。同年、外相宇垣一成(うがきかずしげ)を撮影したルポルタージュが、アメリカの国際的グラフ雑誌『ライフ』に掲載される。1939年日本工房を退社、外務省の外郭団体国際文化振興会の嘱託となる。同年奈良・室生寺を初めて訪れ、代表作「古寺巡礼」シリーズの撮影に着手。1941年より文楽(ぶんらく)の人形や名人たちの撮影に取り組み、第二次世界大戦中には、後に写真集『風貌(ふうぼう)』(1953)としてまとめられる文士、芸術家、科学者らの肖像撮影にも力を注いだ。
 第二次世界大戦後、フリーランスとなる。1948年(昭和23)、実験的なヌード作品「肉体に関する八章」(『写眞撮影叢書 第3集』)を発表。1950年『カメラ』誌の月例読者写真コンテスト審査員となり、「絶対非演出の絶対スナップ」「カメラとモチーフの直結」などのスローガンで写真におけるリアリズムを提唱、熱心にアマチュアの指導にあたった。土門が牽引(けんいん)した戦後日本におけるリアリズム写真の運動のなかから、福島菊次郎(1921―2015)、掛川源一郎、東松照明(とうまつしょうめい)、川田喜久治(きくじ)ら、優れた写真家が輩出している。
 1953年、東京・深川で「江東のこどもたち」と題するシリーズを撮影。1957年、週刊誌のグラフ取材で広島を初めて訪れ、同地で原爆被災をテーマとする撮影を始める。翌1958年、写真集『ヒロシマ』を刊行し、日本写真批評家協会作家賞を受賞。1960年、石炭産業の衰退がすすむ時期の九州・筑豊(ちくほう)炭田のルポルタージュ『筑豊のこどもたち』を、ザラ紙印刷の「百円写真集」として低価格で出版、10万部の大ベストセラーとなった。1960年代以降、脳出血の後遺症と闘いながら古陶磁の撮影や広島での再取材に取り組み、また「古寺巡礼」シリーズの完成を目ざした。1979年、脳血栓で倒れ、意識が戻らないまま1990年(平成2)、80歳で没する。1974年作品を故郷の山形県酒田市に寄贈し、1983年同市に土門拳記念館が開設された。また1982年、毎日新聞主催により、その年写真界に業績を残したプロの写真家を対象とする「土門拳賞」が設けられた。[大日方欣一]
『『風貌』(1953・アルス) ▽『室生寺』(1954・美術出版社) ▽『ヒロシマ』(1958・研光社) ▽『筑豊のこどもたち』(1960・パトリア書店) ▽『るみえちゃんはお父さんが死んだ 続・筑豊のこどもたち』(1960・研光社) ▽『写真作法』(1976・ダヴィッド社) ▽『土門拳全集』全13巻(1983~1985・小学館) ▽『土門拳の昭和』全5巻(1995・小学館) ▽『日本の写真家16 土門拳』(1998・岩波書店) ▽三島靖著『木村伊兵衛と土門拳』(1995・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土門拳の関連キーワード林忠彦中平卓馬田村茂樋口健二福田勝治松浦栄松本徳彦矢川れん山崎博渡辺勉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土門拳の関連情報