コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土陽新聞 どようしんぶん

1件 の用語解説(土陽新聞の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どようしんぶん【土陽新聞】

第2次大戦前,高知で発行されていた自由党系,後に政友会系の日刊紙。《海南新誌》《土陽雑誌》が合併改題し,1877年創刊される。78年4月休刊するが,80年立志社の機関紙《高知新聞》(第2次)の身代り新聞として81年12月14日,第2次の《土陽新聞》が創刊された。身代り新聞とは民権派の新聞が,発行停止を武器とした明治新政府の新聞弾圧に対抗する手段として考えだしたもので,同じ新聞社で主力紙Aのほかに,あらかじめB紙ないしC紙の新聞発行許可を得ておき,A紙が発行停止になるとすぐに代りにB紙を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土陽新聞の関連キーワード魚雷艇地方紙同和教育レマルクレンテンマルクアバンゲール戦前戦前派外貨建社債サティ:スポーツと気晴らし/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土陽新聞の関連情報