コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土陽新聞 どようしんぶん

世界大百科事典 第2版の解説

どようしんぶん【土陽新聞】

第2次大戦前,高知で発行されていた自由党系,後に政友会系の日刊紙。《海南新誌》と《土陽雑誌》が合併改題し,1877年創刊される。78年4月休刊するが,80年立志社の機関紙《高知新聞》(第2次)の身代り新聞として81年12月14日,第2次の《土陽新聞》が創刊された。身代り新聞とは民権派の新聞が,発行停止を武器とした明治新政府の新聞弾圧に対抗する手段として考えだしたもので,同じ新聞社で主力紙Aのほかに,あらかじめB紙ないしC紙の新聞発行許可を得ておき,A紙が発行停止になるとすぐに代りにB紙を出す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

土陽新聞の関連キーワード富田 幸次郎檜垣 正義和田 三郎宇田 友猪片岡 健吉細川 義昌高知新聞社富田幸次郎植木枝盛坂崎 斌和田三郎檜垣正義坂崎紫瀾西山志澄細川義昌宇田友猪坂崎斌

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土陽新聞の関連情報