コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂崎紫瀾 さかざきしらん

百科事典マイペディアの解説

坂崎紫瀾【さかざきしらん】

小説家,新聞記者。本名斌(さかん)。江戸土佐藩邸に藩主侍医の子として生まれた。土佐藩校致道館に学び,後に教授。1874年愛国公党に参加。1876年松本裁判所の判事となったが,征韓論を唱えて官を辞し,《高知新聞》《土陽新聞》《自由灯》などを通じて民権論の論陣を張った。
→関連項目宮崎夢柳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂崎紫瀾 さかざき-しらん

1853-1913 明治時代の新聞記者,小説家。
嘉永(かえい)6年11月18日生まれ。坂崎侃(かん)の父。もと土佐高知藩士。明治7年板垣退助の愛国公党設立にくわわる。松本裁判所判事となるが,征韓論を主張して辞職。「松本新聞」主筆,「高知新聞」編集長となり,自由民権をとなえた。大正2年2月17日死去。61歳。江戸出身。本名は斌(さかん)。著作に「汗血千里駒(せんりのこま)」「維新土佐勤王史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂崎紫瀾の関連キーワード横山 又吉坂本竜馬坂崎 斌明治時代坂本龍馬岸田俊子小説家ユゴー浜田学坂崎斌嘉永

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂崎紫瀾の関連情報