坂崎紫瀾(読み)さかざきしらん

百科事典マイペディアの解説

坂崎紫瀾【さかざきしらん】

小説家,新聞記者。本名斌(さかん)。江戸土佐藩邸に藩主侍医の子として生まれた。土佐藩校致道館に学び,後に教授。1874年愛国公党に参加。1876年松本裁判所の判事となったが,征韓論を唱えて官を辞し,《高知新聞》《土陽新聞》《自由灯》などを通じて民権論の論陣を張った。主著に《天下無双人傑海南第一伝奇 汗血千里駒》《仏国革命 修羅の衢》(ユゴー《九十三年》の翻案)などがある。
→関連項目宮崎夢柳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂崎紫瀾 さかざき-しらん

1853-1913 明治時代の新聞記者,小説家。
嘉永(かえい)6年11月18日生まれ。坂崎侃(かん)の父。もと土佐高知藩士。明治7年板垣退助の愛国公党設立にくわわる。松本裁判所判事となるが,征韓論を主張して辞職。「松本新聞」主筆,「高知新聞」編集長となり,自由民権をとなえた。大正2年2月17日死去。61歳。江戸出身。本名は斌(さかん)。著作に「汗血千里駒(せんりのこま)」「維新土佐勤王史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android