コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧搾法 あっさくほうcompression process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧搾法
あっさくほう
compression process

油脂原料を圧搾することによって油を得る方法。搾油。おもにナタネ,ゴマ,落花生などの含油量の多い (植物) 原料に用いられる。手締法,油圧法,連続式加熱圧搾法があり,普通,圧搾機が利用される。一般に油脂収率はそれほど高くなく,また加熱,加水して行うと作業能率は高まるが,油脂の品質は低下する。最も古い製油法の一つであるが,現在もなお利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

圧搾法の関連キーワードラッカセイ(落花生)油ヒマシ油(蓖麻子油)ナタネ油(菜種油)ヤシ油(椰子油)ナタネ(菜種)油ツバキ油(椿油)桐油(きりゆ)ココアケーキパーム核油オリーブ油エッセンス脱脂大豆あまに油つばき油みつろう亜麻仁油パーム油油脂工業アブラナ食用油脂

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圧搾法の関連情報