圧搾機(読み)あっさくき(英語表記)expeller

大辞林 第三版の解説

あっさくき【圧搾機】

二つの板の間に、植物の実・種子などを入れ、圧力を加えて水分や油をしぼりとる機械。てこ・ねじ・水圧などを利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

圧搾機
あっさくき

2枚の板を重ね、その間に植物の実などを入れ、この板を強い力で押し、実をつぶして液分、油分を取り出す機械。ブドウの実から果汁をとったり、オリーブから油を取り出すために、圧搾機は紀元前から使われていた。板を押すのには、てこを使ったり、ねじを使って締め付ける方法がとられたが、のちには水圧を利用するものもつくられた。1450年、ドイツのグーテンベルクは、鋳造した金属活字を使って印刷を始めたが、そのとき使用した印刷機械は、ブドウの実を絞るのに使われていた圧搾機であった。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あっさく‐き【圧搾機】

〘名〙
① 植物の実、種子、茎などから、液分、油分をしぼり取る機械。二枚の板の間に入れ、てこ、ねじ、水圧などを利用して押しつぶす。
※断橋(1911)〈岩野泡鳴〉七「バタ製造機械のうち、〈略〉圧搾機(オーカ)、六十円」
※英和商業新辞彙(1904)〈田中・中川・伊丹〉「Compressor 圧搾器」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圧搾機の関連情報