コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧搾機 あっさくきexpeller

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧搾機
あっさくき
expeller

ナタネ,ゴマ,落花生など含量の多い植物から油脂をしぼり取る機械円筒の中に原料を入れ,螺旋を回転させながら圧力を加えて油脂をしぼり出す。油脂の収率は低い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あっさく‐き【圧搾機】

果実・種子などをおしつぶしてや油をしぼりとる機械。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あっさくき【圧搾機】

二つの板の間に、植物の実・種子などを入れ、圧力を加えて水分や油をしぼりとる機械。てこ・ねじ・水圧などを利用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

圧搾機
あっさくき

2枚の板を重ね、その間に植物の実などを入れ、この板を強い力で押し、実をつぶして液分、油分を取り出す機械。ブドウの実から果汁をとったり、オリーブから油を取り出すために、圧搾機は紀元前から使われていた。板を押すのには、てこを使ったり、ねじを使って締め付ける方法がとられたが、のちには水圧を利用するものもつくられた。1450年、ドイツのグーテンベルクは、鋳造した金属活字を使って印刷を始めたが、そのとき使用した印刷機械は、ブドウの実を絞るのに使われていた圧搾機であった。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

圧搾機の関連キーワード酒かす(酒粕∥酒糟)ハーデルスレウ讃岐和三盆糖鈴木 忠治郎化学機械工業鈴木忠治郎オプションバルナウルサトウキビチュメニ福神漬け金属工芸奈良専二マカロニワイン板の間ナタネ黒砂糖白玉粉圧搾法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圧搾機の関連情報