コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧砕角礫岩 あっさいかくれきがんcataclastic breccia, dynamic breccia, Reibungsbreccia

岩石学辞典の解説

圧砕角礫岩

(1) 岩塊の移動によって形成された角礫岩.破砕角礫岩には断層角礫岩や断層によるゴウジ(gouge)などが含まれる.しかしこの語は氷床が基盤岩の上を移動することで作られる氷礫土(till)も含まれる[Pettijohn : 1949].圧砕作用は成分鉱物が変形湾曲したり破砕されるが再結晶をほとんど伴わない場合にその構造を表す語で,圧砕角礫岩は岩石が強い応力を与えられ機械的な変形作用を受けて形成された角礫岩のことである.(2) 構造角礫岩(tectonic breccia)のこと[Van Hise : 1896, Twenhofel : 1950].(3) 圧砕角礫岩(crush breccia)(3.10.1)と同義で,断層運動,特に衝上のような激しい断層作用の際に形成される角礫岩に似た固結した岩石[渡辺編 : 1935].変位角礫岩(dislocation breccia)[Lalslsaulx : 1875].

圧砕角礫岩

機械的な破砕作用で形成された岩石[Bonney : 1883].圧砕角礫岩(dynamic breccia)[Van Hise : 1896, Twenhofel : 1950],構造角礫岩(tectonic breccia)[Norton : 1917, Reynolds : 1928]もすべて同様に圧砕角礫岩で,岩体の運動などにより形成される.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

圧砕角礫岩の関連キーワードプロトミロナイトルッチ角礫岩微角礫岩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android