コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧縮空気機械 あっしゅくくうききかいcompressed air machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧縮空気機械
あっしゅくくうききかい
compressed air machine

圧縮空気の供給を受けて仕事をする機械。空気圧縮機,ホースまたはパイプなどの輸送管,圧縮空気機械より構成される。システムの効率が電動機に比べてはるかに小さい欠点はあるが,安全で取扱いが簡単,容量に比べて重量が小さい,負荷の変動に対して故障が少いなどの利点があるので,爆発性ガスのある坑内,化学工場,トンネル・土木工事,鉱山用車両などに広く使用されている。圧縮空気機関,圧縮空気ドリル,圧縮空気リベッタ,インパクトレンチ削岩機などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あっしゅくくうききかい【圧縮空気機械】

圧縮空気を動力源とする機械の総称。エア-ハンマー・エア-ドリル・エア-リベッターなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の圧縮空気機械の言及

【圧縮空気】より

…圧縮空気は,圧力エネルギーとして大きな潜在エネルギーを保有しているので,この空気が膨張し,熱降下が起きるとき,外部にエネルギーを放出し,仕事を行うことができる。このように圧縮空気のもつエネルギーを有効な仕事に変換する機械は圧縮空気機械,圧縮空気機関と呼ばれ,安全性に優れ,取扱いが容易であり,とくに火気を避けなければならない環境下では,動力発生用原動機として重用される。具体的な使用例としては(圧力は大気圧を基準とするゲージ圧力で示してある),0.1kgf/cm2(9.8kPa)以下の圧力の低い圧縮空気は,空調用として室内換気や冷却塔,あるいはトンネル内送・排風用やごみ焼却炉用として用いられ,やや圧力が高いものに火力発電プラントにおける燃料の燃焼用の空気や下水道の曝気(ばつき)用の供給空気などがあり,粉体輸送にも比較的低圧の空気の流れが利用される。…

※「圧縮空気機械」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

圧縮空気機械の関連キーワードリベッター圧縮機動力源

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android