コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在庫品増加 ざいこひんぞうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

在庫品増加
ざいこひんぞうか

産業の保有する原材料仕掛品,完成品など棚卸資産の一定期間における増減を市場価格で評価したもの。在庫投資とほぼ同義。日本の国民経済計算においては,在庫投資ということばに代わって,このことばが使われている。国民経済計算のなかでは,民間在庫品増加と公的在庫品増加とに大別して推計され,公的在庫品増加は大部分を食料安定供給特別会計(→食糧管理特別会計)による米の買い増しが占める。民間在庫品増加は原材料,仕掛品,製品,流通といった形態別に推計され,積み上げられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

在庫品増加の関連キーワード国民所得統計速報内需主導型景気民間資本形成国内最終需要国民総支出資本形成一般政府国民所得GND内需経費

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android