コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在来マス ざいらいます

世界大百科事典 第2版の解説

ざいらいます【在来マス】

日本古来から生存していたサケ・マス類の総称。輸入種であるニジマス(イラスト)その他が全国に普及するにつれ,それに対比させて生まれたことば。日本におけるマス類の養殖の始まりは,1877年アメリカのカリフォルニア州シャスタのニジマス卵を東京に輸入してからで,第2次世界大戦後,冷凍技術が確立してアメリカへ輸出するようになって急速に日本各地に養殖場が開設され生産量が増大した。ニジマスは,比較的高い水温(孵化(ふか)18℃,飼育25℃)でも耐えること,採卵・飼育が容易なことから,従来から山奥の冷水域に分布していたヤマメ,アマゴ,イワメヒメマス,イワナ,アメマス,オショロコマ,ゴギなどの生息域に侵入していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android