コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在来マス ざいらいます

1件 の用語解説(在来マスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ざいらいます【在来マス】

日本古来から生存していたサケ・マス類の総称。輸入種であるニジマスイラスト)その他が全国に普及するにつれ,それに対比させて生まれたことば。日本におけるマス類の養殖の始まりは,1877年アメリカカリフォルニア州シャスタのニジマス卵を東京に輸入してからで,第2次世界大戦後,冷凍技術が確立してアメリカへ輸出するようになって急速に日本各地に養殖場が開設され生産量が増大した。ニジマスは,比較的高い水温(孵化(ふか)18℃,飼育25℃)でも耐えること,採卵・飼育が容易なことから,従来から山奥の冷水域に分布していたヤマメアマゴイワメヒメマスイワナ,アメマス,オショロコマ,ゴギなどの生息域に侵入していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

在来マスの関連キーワード陰陽師古武道サケ国鱒自存諸芸生存率生存数寄席芸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone