混入(読み)コンニュウ

デジタル大辞泉の解説

こん‐にゅう〔‐ニフ〕【混入】

[名](スル)ある物の中へ異質の物をまぜて入れること。また、まじり入ること。「不純物が混入する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんにゅう【混入】

( 名 ) スル
他の物を混ぜて入れること。混ざって入ること。 「毒物を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こん‐にゅう ‥ニフ【混入】

〘名〙 あるものの中に他のものをまぜ入れること。また、まじってはいること。
日本外史(1827)六「為敗卒状、混入彼軍
※自由学校(1950)〈獅子文六〉その道に入る「少し解せないのは、小豆みたいなものと、ウドンの切ッ端が、混入してることである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

混入の関連情報