克己(読み)こっき

精選版 日本国語大辞典「克己」の解説

こっ‐き コク‥【克己】

〘名〙 おのれに(か)つこと。自分の欲望や邪念にうちかつこと。
※明六雑誌‐一六号(1874)人間公共の説〈杉亨二〉「あれば之に報し克して人の人と相ひ親むは其性情なり」 〔論語‐顔淵

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「克己」の解説

こっ‐き〔コク‐〕【克己】

[名](スル)自分の感情・欲望・邪念などにうちかつこと。「克己して学問に励む」「克己心」
[類語]克服超克

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「克己」の解説

こっき【克己 kè jǐ】

儒教の修養法。《論語》顔淵篇に〈子(し)曰(いわく),克己復礼となす〉とあるのにもとづく。〈克己復礼〉は古い訓では,わが身をつつしんで礼をふみ行う,と訓(よ)むが,南宋の朱熹(しゆき)は,〈己〉を私欲(エゴイズム)とし〈礼〉を天理(本来的に人に備わる道徳性)が美的に分節されたものとし,私欲を克服して天理に復帰すること,と解釈する。このような禁欲主義は,清の学者や荻生徂徠などから批判された。【三浦 国雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「克己」の解説

【克己】こくき

おのれにかつ。私欲を抑える。〔論語、顔淵〕己に克ち禮に復(かへ)るを仁と爲す。

字通「克」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android