コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在韓被爆者

1件 の用語解説(在韓被爆者の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

在韓被爆者

大韓赤十字社によると、日本の敗戦後、現在の韓国に帰国した被爆者は約2万3千人。被爆者健康手帳の交付が認められなかったり、健康管理手当が支給されなかったりした。08年に、韓国内でも手帳交付の申請ができるようになったが、被爆状況を説明できる証人を確保できない人も多い。医療費の上限が定められるなど、日本の被爆者に比べ格差がある。

(2012-08-03 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在韓被爆者の関連キーワード認可法人日本赤十字看護大学紅十字日赤博愛社LRCSLORCS赤十字社世界赤十字デー近衛忠煇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

在韓被爆者の関連情報