コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在韓被爆者

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

在韓被爆者

大韓赤十字社によると、日本の敗戦後、現在の韓国に帰国した被爆者は約2万3千人。被爆者健康手帳の交付が認められなかったり、健康管理手当が支給されなかったりした。08年に、韓国内でも手帳交付の申請ができるようになったが、被爆状況を説明できる証人を確保できない人も多い。医療費の上限が定められるなど、日本の被爆者に比べ格差がある。

(2012-08-03 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

在韓被爆者の関連キーワード日本と朝鮮半島との関係(第二次世界大戦後)日韓請求権協定

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

在韓被爆者の関連情報