コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下の諸大夫 ジゲノショダイブ

2件 の用語解説(地下の諸大夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じげ‐の‐しょだいぶ〔ヂゲ‐〕【地下の諸大夫】

四位・五位の官人で、清涼殿殿上(てんじょう)の間への昇殿を許されない者。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地下の諸大夫の言及

【地下】より

…(1)〈堂上〉に対する語で,清涼殿殿上の間に昇殿する資格を持たないこと,およびその人を指す。一般的には,蔵人を除く六位以下の官人,および四位,五位のうち殿上人の資格をもたない者(〈地下の諸大夫(しよだいぶ)〉)をいうが,本来は昇殿の資格がある者でも一時的にこれを奪われる場合があった。特に鎌倉末期以降に公家の家格が固定されると,位階官職に関係なく地下であり続ける者を生じ,堂上家以外の出身者は公卿となっても昇殿しない慣例となった。…

※「地下の諸大夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone