昇殿(読み)しょうでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇殿
しょうでん

平安時代以後,清涼殿の殿上 (てんじょう) の間にのぼることをいう。昇殿には勅許が必要で,公卿でも勅許なしに昇殿することはできなかった。昇殿を許された者を殿上人堂上人などと呼び,そうでない地下 (じげ) 人 (→地下 ) と区別した。蔵人は六位で昇殿を許された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうでん【昇殿】

( 名 ) スル
平安時代以後、許されて神社の拝殿に入ること。
清涼殿の殿上てんじようの間に昇ること。平安時代は、一位から三位、および四位・五位のうちから選ばれた者と六位の蔵人くろうどが許され、後世は家格によって定められた。昇殿を認められた者を殿上人てんじようびと・堂上とうしようといい、昇殿を認められない者を地下じげという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の昇殿の言及

【貴族】より

…しかも平安中・末期に入ると,公卿が特定の氏族・家系に固定する傾向を急速に強め,〈貴種〉とか〈華族〉などの用語も生まれた。第3は昇殿制の成立である。平安時代も中・末期になると,有位者の増大などによって位階の社会的評価も相対的に低下し,昇殿の制が新しい身分制として重んぜられるようになった。…

【堂上家】より

…〈どうしょうけ〉ともよむが,濁らないのが故実よみである。昇殿をゆるされた家柄の総称で,地下(じげ)に対する称。昇殿は,清涼殿南廂にある殿上の間に昇ることで,古くは個人に対して昇殿をゆるしたが,しだいに昇殿をゆるされる家柄が固定した。…

※「昇殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昇殿の関連情報