コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昇殿 しょうでん

3件 の用語解説(昇殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇殿
しょうでん

平安時代以後,清涼殿の殿上 (てんじょう) の間にのぼることをいう。昇殿には勅許が必要で,公卿でも勅許なしに昇殿することはできなかった。昇殿を許された者を殿上人,堂上人などと呼び,そうでない地下 (じげ) 人 (→地下 ) と区別した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐でん【昇殿】

[名](スル)
許されて神社の社殿に昇ること。
平安時代以降、五位以上の者および六位の蔵人(くろうど)が、家格や功績によって宮中の清涼殿にある殿上(てんじょう)の間(ま)に昇ることを許されたこと。→地下(じげ)殿上人(てんじょうびと)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうでん【昇殿】

( 名 ) スル
平安時代以後、許されて神社の拝殿に入ること。
清涼殿の殿上てんじようの間に昇ること。平安時代は、一位から三位、および四位・五位のうちから選ばれた者と六位の蔵人くろうどが許され、後世は家格によって定められた。昇殿を認められた者を殿上人てんじようびと・堂上とうしようといい、昇殿を認められない者を地下じげという。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の昇殿の言及

【貴族】より

…しかも平安中・末期に入ると,公卿が特定の氏族・家系に固定する傾向を急速に強め,〈貴種〉とか〈華族〉などの用語も生まれた。第3は昇殿制の成立である。平安時代も中・末期になると,有位者の増大などによって位階の社会的評価も相対的に低下し,昇殿の制が新しい身分制として重んぜられるようになった。…

【堂上家】より

…〈どうしょうけ〉ともよむが,濁らないのが故実よみである。昇殿をゆるされた家柄の総称で,地下(じげ)に対する称。昇殿は,清涼殿南廂にある殿上の間に昇ることで,古くは個人に対して昇殿をゆるしたが,しだいに昇殿をゆるされる家柄が固定した。…

※「昇殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昇殿の関連情報