五位(読み)ゴイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐い〔‐ヰ〕【五位】

位階の5番目。律令制では正五位と従五位とがある。昇殿を許される者の最下位で、袍(ほう)の色は淡い緋(ひ)。五位に叙せられることを叙爵(じょしゃく)という。
仏語。
㋐一切の存在、事象を五つに分けたもの。色法心法・心所法・心不相応法・無為法
㋑修道上の位を五段に分けたもの。大乗では、資糧位・加行位・通達位・修習位・究竟(くきょう)位。小乗では、資糧位・加行位・見道位・修道位・無学位。
五位鷺(ごいさぎ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごい【五位】

位階の第五番目。正五位と従五位とがある。律令制では五位以上は勅授とされ、六位以下にくらべて格段に優遇された。
〘仏〙 すべての存在を五つに分類したもの。色法(物質的存在)・心法(心の主体)・心所法(心法に付随する働き)・心不相応法(他の四位の属さないもの)・無為法(真理)の総称。
「五位鷺ごいさぎ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五位の関連情報