五位(読み)ゴイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐い〔‐ヰ〕【五位】

位階の5番目。律令制では正五位と従五位とがある。昇殿を許される者の最下位で、袍(ほう)の色は淡い緋(ひ)。五位に叙せられることを叙爵(じょしゃく)という。
仏語。
㋐一切の存在、事象を五つに分けたもの。色法心法・心所法・心不相応法・無為法
㋑修道上の位を五段に分けたもの。大乗では、資糧位・加行位・通達位・修習位・究竟(くきょう)位。小乗では、資糧位・加行位・見道位・修道位・無学位。
五位鷺(ごいさぎ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごい【五位】

位階の第五番目。正五位と従五位とがある。律令制では五位以上は勅授とされ、六位以下にくらべて格段に優遇された。
〘仏〙 すべての存在を五つに分類したもの。色法(物質的存在)・心法(心の主体)・心所法(心法に付随する働き)・心不相応法(他の四位の属さないもの)・無為法(真理)の総称。
「五位鷺ごいさぎ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐い ‥ヰ【五位】

〘名〙
仏語
(イ) 一切の存在、事象を五つに類別したもの。色法(物質的なもの)、心法(心のはたらきの主体としての識)、心所有法(心のはたらき)、心不相応法(色法でも、心法、心所有法でも、無為法でもない、存在のあり方といったもの)、無為法(生滅変化することやはたらきをおこすことがないもの)の五法をさす。五法。
※禅海一瀾(1862)上「是に於てか釈老は仮に五位八教を説き」 〔三蔵法数‐二〇〕
(ロ) 修道上の位階を五つに分けたもの。資糧位、加行位、通達位、修習位、究竟位の五位階をさす。〔八宗綱要(1268)下〕〔僧史略‐下〕
(ハ) 胎児が母体内にいる期間を五つに分けたもの。受胎の日から七日ごとに羯剌藍(かららん)、頞部曇(あんぶどん)、閉尸(へいし)、健南(けんなん)の四期間と、残りの期間、鉢羅奢佉(はらしゃきゃ)をいう。これを胎内の五位といい、また、出産以降の生涯を五つに分けて胎外(たいげ)の五位という。嬰孩、童子、少年、中年、老年の五つをいう。
※十善法語(1775)四「託胎ののち、余の障縁なければ、かならず五位僧長す」
(ニ) 心のあり方を示した、禅林における洞山五位の略。正偏五位、功勲五位、君臣五位、王子五位の四種を説く。
② 宮中における位階の一つ。また、その位の者。令制では正五位と従五位に分け、各上下がある。六位の蔵人(くろうど)を除いては殿上人(てんじょうびと)となる有資格者の下限で、下位者とは格段の差があった。五位に叙せられることを叙爵といい、五位の者を大夫(たいふ・まえつぎみ)という。位袍は浅緋色。〔令義解(718)〕
※万葉(8C後)一六・三八五八「此の頃のあが恋力記し集め功(くう)に申さば五位(ごい)の冠」
③ 「ごいさぎ(五位鷺)」の略。
※俳諧・続猿蓑(1698)秋「いなづまや闇の方行五位の声〈芭蕉〉」
④ 隠語。五位鷺は夜間に飛ぶところから、飛ぶことにかけて、立ち去ること、帰ることを、不良仲間でいう。〔隠語構成様式并其語集(1935)〕
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉一「丸万は、〈略〉ひとりでゴイ(帰る)した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五位の関連情報