コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地中海艦隊[ソビエト連邦] ちちゅうかいかんたい[ソビエトれんぽう]Sredizemnorskii Flot; Mediterranean Fleet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地中海艦隊[ソビエト連邦]
ちちゅうかいかんたい[ソビエトれんぽう]
Sredizemnorskii Flot; Mediterranean Fleet

地中海に常駐したソビエト連邦の分遣艦隊。ソ連軍艦の地中海出現は 1964年頃からで,黒海,北方,バルチック,カスピ海の諸艦隊の艦艇から臨時に地中海艦隊として編成された。その後,逐次増加されていたが,1967年の第3次中東戦争(→六日戦争)勃発後,常駐化するとともに兵力が急速に増強された。1991年にはその勢力はカスピ海小艦隊を含み潜水艦 2~3隻,戦闘用水上艦約 3~6隻となった。しかしソ連邦崩壊と,その後のロシアとウクライナによる黒海艦隊分割問題もあり,地中海艦隊は兵力を縮小した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android