地代金(読み)じだいきん

精選版 日本国語大辞典の解説

じだい‐きん ヂダイ‥【地代金】

〘名〙 (「ちだいきん」とも)
① 江戸時代、大坂の新開地が負担した地子銀(じしぎん)。〔向山誠斎雑記(1838‐56)〕
※禁令考‐前集・第五・巻四四・享保一〇年(1725)一〇月「潰地代金渡方書付〈略〉一、作物之出来積を以、地代金被下候仕方も可有御座哉と吟味仕候処」

ちだい‐きん【地代金】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android