地域経済圏構想(読み)ちいきけいざいけんこうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地域経済圏構想
ちいきけいざいけんこうそう

第2次世界大戦後の世界経済の枠組は,ガットIMF体制を基礎とするグローバル化の流れをたどってきたが,近年,EUや NAFTAなど地域経済圏を設定して経済へのテコ入れをはかろうという動きが目立ってきた。アジア地域におけるそうした動きとしては,中国東部と韓国西岸を結びつける「環黄海経済圏」,ホンコン,台湾に中国広東省の諸都市などを合わせた「華南経済圏」,マハティール・マレーシア首相が提唱した「東アジア経済会議」,などがあるが,その実現度,実現可能性についてはまちまちである。また,排外的な地域主義に陥る危険性も指摘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域経済圏構想の関連情報