コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地崎宇三郎(2代) ちざき うさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

地崎宇三郎(2代) ちざき-うさぶろう

1897-1951 昭和時代の実業家,政治家。
明治30年1月2日生まれ。昭和11年生地北海道札幌市で父から土建業地崎組2代目社長をつぐ。12年小樽新聞社長。21年衆議院議員。民主党結成に奔走するが,幹事長就任直後に公職追放となった。昭和26年6月29日死去。54歳。秋田鉱専(現秋田大)中退旧名は晴次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

地崎宇三郎(2代)の関連キーワード昭和時代椎熊三郎政治家実業家

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android