地心緯度(読み)チシンイド

世界大百科事典内の地心緯度の言及

【緯度】より

…この差を鉛直線偏差という。回転楕円体の中心と楕円体上の1点を結ぶ直線と赤道面の作る角度を地心緯度という。地心緯度は,正しい地球楕円体が決められた後に求められるものである。…

【地心座標】より

…この垂直線と赤道面との間の角を地理緯度という。これに対して地球の中心からその場所を結んだ線を引き,その線と赤道面との角を地心緯度geocentric latitudeという。地心緯度と地理緯度は赤道と南北両極では一致するが,緯度45゜のところでその差は最大になり約700″の大きさとなる。…

※「地心緯度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android