コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方拠点都市・地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律 ちほうきょてんとし・ちいきのせいびおよびさんぎょうぎょうむしせつのさいはいちのそくしんにかんするほうりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方拠点都市・地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律
ちほうきょてんとし・ちいきのせいびおよびさんぎょうぎょうむしせつのさいはいちのそくしんにかんするほうりつ

平成4年法律 76号。3大都市圏以外の地方都市を活性化して東京一極集中是正を目指す国土開発計画「第4次全国総合開発計画」 (4全総) の具体化をはかる実施法で,拠点都市の指定権限は知事にある。増額前倒しの方向が出されている政府の公共投資基本計画 (2000年までに 430兆円) を活用して,税制面でも優遇措置を設け,道路や下水道,住宅,公園,通信網など,生活と産業基盤を整備することに重点がおかれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

地方拠点都市・地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律の関連キーワード多極分散型国土形成促進法地方拠点都市法

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android