通信網(読み)ツウシンモウ

  • つうしんもう ‥マウ
  • つうしんもう〔マウ〕

大辞林 第三版の解説

通信社・新聞社・放送局などが、各地域のニュースをもれなく社に通信するための組織。
電話・データ通信のように加入者間を結ぶ通信のネットワーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 報道機関などが、国の内外各地に通信員を派遣駐在させて本社へニュースをもれなく通知させるための組織。また、軍隊・警察などが、命令・情報の円滑な伝達のために各隊・各地に設置した組織。
※歩兵操典(1928)第七九七「成るべく展開を終るまでに所要の通信網を構成しあらしむるを可とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通信網の関連情報