コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業基盤 さんぎょうきばん

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうきばん【産業基盤】

産業の育成,発展にとって不可欠な施設の総称産業用地,用水道路,橋,鉄道,港湾,空港,発電施設などをはじめ,技術開発機関や産業訓練,教育のための機関,病院,保育園などをも含む。 産業基盤は,経済学的な観点からいえば社会資本の一部である。社会資本は企業の生産活動に直接関連する生産資本と区別されるが,機能別には,(1)団地,用水,道路,港湾など生産機能をもつもの,(2)病院,公園,レクリエーション施設など福祉機能をもつもの,(3)治山・治水施設など国土保全機能をもつもの,などに分類できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

産業基盤の関連キーワード地方拠点都市・地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律水源地域対策特別措置法インフラストラクチャーフランツ・ヨーゼフ2世中小企業基盤整備機構半島振興対策実施地域シリコン系高分子材料エンジニアリング産業中小企業信用保険公庫中小企業総合事業団産業技術総合研究所太平洋ベルト地帯日本鉄道建設公団大日向 作太郎北九州工業地帯緊急消防援助隊クビチェック振興山村地域都市再生機構産業立地政策

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産業基盤の関連情報