コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方気象台 チホウキショウダイ

大辞林 第三版の解説

ちほうきしょうだい【地方気象台】

主に各府県の県庁所在地に置かれ、その府県の天気予報・警報を担当する気象台。管区気象台や海洋気象台のあるところには置かれない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

地方気象台の関連キーワード大分に影響を与える可能性がある主な地震吾妻山(福島・山形県境)火山監視・情報センター県内での津波被害駒ヶ岳(北海道)礼文町の大雨災害桜島(鹿児島湾)航空地方気象台白根山(草津)富士山頂レーダ地方支分部局竜巻注意情報週間天気予報AMeDAS地方季節予報安達太良山LIDEN海洋気象台火山観測所航空気象台

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地方気象台の関連情報