コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球幼年期の終わり

デジタル大辞泉プラスの解説

地球幼年期の終わり

アーサー・C・クラーク『幼年期の終り』の別邦題。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地球幼年期の終わり
ちきゅうようねんきのおわり
Childhood's End

イギリスの作家アーサー・クラークの人類進化テーマのSF。1953年刊。20世紀末の地球上空に突如出現した宇宙船隊。彼らは桁(けた)はずれに高度な科学をもつオーバーロードという異星人たちで、各国のあらゆる抵抗も通じず、地球は彼らの管理下に置かれ、やがて地球統一国家が実現する。それから50年後、地球が平和な黄金時代を迎えたとき、オーバーロードの宇宙船は地球に着陸して初めてその姿をみせた。身長3メートル、頭に角(つの)を生やし、こうもりのような翼をもった彼らは、まさに伝説の悪魔そのものである。その後、地球では超能力をもつ子供たちが次々に生まれ、新人種の誕生が明らかになる。幼年期を脱した人類はどこへ向かうのか。[厚木 淳]
『沼沢洽治訳『地球幼年期の終わり』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

地球幼年期の終わりの関連キーワードクラーク(Arthur C. Clarke)創元推理文庫幼年期終り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android