幼年期(読み)ようねんき

精選版 日本国語大辞典の解説

ようねん‐き エウネン‥【幼年期】

〘名〙
① 人が幼年をすごした時期。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉島の噴煙「彼が幼年期(エウネンキ)をおくったのは、網代から四里も離れたこの村であった」
② 転じて、ある物事の発展の歴史で、ごく初期の段階。
※フィクションについて(1948)〈佐々木基一〉「未発達な歴史の幼年期の社会がうみだした芸術品が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報