コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地磁気探査衛星 ちじきたんさえいせい

1件 の用語解説(地磁気探査衛星の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちじきたんさえいせい【地磁気探査衛星】

地球磁場の測定を主要な目的とした人工衛星で,短期間に,地球全体にわたっての測定ができるという利点をもっている。観測結果は,地球磁場の構造,磁気異常地磁気変化,電離層磁気圏の構造などを調べるのに役立っている。特に有名なのは,1979年に打ち上げられたアメリカマグサットで,精巧な磁力計と姿勢決定により,1/10000という高精度で測定を行った。【柳沢 正久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地磁気探査衛星の関連キーワード軍事衛星古地磁気学磁気圏実用衛星バンアレン帯ダイナモ理論宇宙開発禾穀類人工衛星保険磁気トルカ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone