コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地磁気探査衛星(読み)ちじきたんさえいせい

世界大百科事典 第2版の解説

ちじきたんさえいせい【地磁気探査衛星】

地球磁場の測定を主要な目的とした人工衛星で,短期間に,地球全体にわたっての測定ができるという利点をもっている。観測結果は,地球磁場の構造,磁気異常,地磁気変化,電離層や磁気圏の構造などを調べるのに役立っている。特に有名なのは,1979年に打ち上げられたアメリカのマグサットで,精巧な磁力計と姿勢決定により,1/10000という高精度で測定を行った。【柳沢 正久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android