地蔵菩薩霊験記絵(読み)じぞうぼさつれいげんきえ

百科事典マイペディアの解説

地蔵菩薩霊験記絵【じぞうぼさつれいげんきえ】

14世紀ころの絵巻。もと数巻あったと思われるが,1巻のみ現存し,筆者は不明。地蔵菩薩(ぼさつ)の霊験に関する中国の4説話を集めたもの。巨勢(こせ)有家巨勢派)筆と伝える絵は宋画の影響が著しく,あたりの強いかたい線に特徴がある。地蔵の霊験譚(たん)を集めた絵巻は他にも米国のフリア美術館本など数多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android