コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震の巣 じしんのす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震の巣
じしんのす

長年にわたって,ほぼ定常的に地震活動が盛んな狭い地域。現象を感覚的に表現した用語で,専門家の間でも使われる。茨城県南西部の深さ 50km付近や和歌山県和歌山市付近では地震が長年にわたり続発しており,このように呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じしん‐の‐す〔ヂシン‐〕【地震の巣】

地震の発生が多くみられる地域。分布帯状でなく、比較的一か所に集まっているものをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

地震の巣の関連キーワード相模舟状海盆リヒター

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地震の巣の関連情報