地震の巣(読み)じしんのす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「地震の巣」の解説

地震の巣
じしんのす

長年にわたって,ほぼ常的に地震活動が盛んな狭い地域。現象を感覚的に表現した用語で,専門家でも使われる。茨城県南西部の深さ 50km付近や和歌山県和歌山市付近では地震が長年にわたり続発しており,このように呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「地震の巣」の解説

じしん‐の‐す〔ヂシン‐〕【地震の巣】

地震の発生が多くみられる地域。分布帯状でなく、比較的一か所に集まっているものをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android