地震波トモグラフィー(読み)じしんはともぐらふぃー(英語表記)seismic tomography

知恵蔵「地震波トモグラフィー」の解説

地震波トモグラフィー

X線や超音波などによる人体のCT(コンピューター断層撮影)と同様の原理で、地震波速度の3次元的分布を求め、地球内部の様子を明らかにする診断手法震源から観測地点まで地震波が到達する時間は、地球内部の不均質性を表す。様々な方向からのずれを地震波の通過経路に逆投影することで、地震波の速度異常の分布を推定。これからマントル内にスーパープルームの存在が推定され、6億年にわたる沈み込みの歴史と関連づけて、地球の表層から深部まで全体像の動きを捉えるプルームテクトニクスが提唱された。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「地震波トモグラフィー」の解説

じしんは‐トモグラフィー〔ヂシンハ‐〕【地震波トモグラフィー】

地震波の伝播時間のを利用して、地球内部の三次元構造を調べる手法。医療分野のCTPETと同じ原理で内部構造(速度分布)を画像化する。この手法により、日本付近の太平洋プレートの沈み込みや、プルームテクトニクス説を裏付ける、南太平洋やアフリカ大陸直下の巨大なホットプルームなどの構造が確認された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる