地震酔い(読み)ジシンヨイ

デジタル大辞泉の解説

じしん‐よい〔ヂシンよひ〕【地震酔い】

地震が起きていないにもかかわらず、地震のような揺れを感じること。乗り物酔いと同じように、地震による揺れの刺激が内耳に作用し、自律神経の失調状態を起こすと考えられている。
[補説]平成23年(2011)の東北地方太平洋沖地震後、この症状を訴える人が増えた。本震の揺れが長く続いたことや、余震が頻発したことなどが関係していると見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

地震酔い

大型地震の後に起こる余震などで、繰り返される揺れによって、実際は揺れていないにもかかわらず、「身体が揺れている」という感覚が生じ、めまい、気持ち悪さ、吐き気を覚え、不眠にもつながる症状のこと。「後揺れ症候群」とも呼ばれる。地震で身体が揺さぶられることによって車酔いと同様に、視覚三半規管など平衡感覚をつかさどる器官の感覚にずれが生じ、これらの症状が引き起こされると考えられている。通常は地震直後の数分間から長くても2日間で平常の感覚に戻るが、余震などで揺れが頻繁に起こると、「地震酔い」がなかなか治まらないという専門家の報告が、東日本大震災の際に多数あった。

(2016-4-26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android