コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上当宗 さかのうえの まさむね

1件 の用語解説(坂上当宗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上当宗 さかのうえの-まさむね

?-? 平安時代前期の武人。
坂上浄野(きよの)の子。坂上田村麻呂の孫。承和(じょうわ)6年(839)右近衛将監(うこんえのしょうげん)のとき伊賀(三重県)の贋金(にせがね)づくりを捕らえる。9年従五位下となり,13年陸奥介(むつのすけ)のとき鎮守将軍をかねる。仁寿(にんじゅ)3年掃部頭(かもんのかみ),斉衡(さいこう)3年左兵衛権佐(ごんのすけ)となった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone