コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上当宗 さかのうえの まさむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上当宗 さかのうえの-まさむね

?-? 平安時代前期の武人。
坂上浄野(きよの)の子。坂上田村麻呂の孫。承和(じょうわ)6年(839)右近衛将監(うこんえのしょうげん)のとき伊賀(三重県)の贋金(にせがね)づくりを捕らえる。9年従五位下となり,13年陸奥介(むつのすけ)のとき鎮守将軍をかねる。仁寿(にんじゅ)3年掃部頭(かもんのかみ),斉衡(さいこう)3年左兵衛権佐(ごんのすけ)となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坂上当宗の関連キーワード坂上浄野武人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android